ミスチルのアルバム『Atomic Heart』はやはり名盤でした

ミスチル
TapSnap1202 / Pixabay

どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます!

 

最近、久しぶりにMr.Children(ミスチル)のアルバム『Atomic Heart』を聴きました。

『Atomic Heart』に入っている楽曲は名曲揃いなので、結構ベスト盤のほうに収録されていたりするので、『Atomic Heart』自体を聴くことが最近、少なくなっています(汗)

 

久しぶりに聴いていみて、やはり名盤だなと思いましたし、個人的にも思い入れのあるアルバムです!

 

スポンサーリンク

ミスチルのアルバム『Atomic Heart』はやはり名盤でした

『Atomic Heart』基本情報

『Atomic Heart』はミスチル4枚目のアルバムで、1994年9月1日に発売されています。

売り上げ枚数は300万枚を突破しており、トリプルミリオンです!

ミスチルのアルバムの中では1番売れたアルバムです。

 

収録曲

1.Printing

インストゥルメンタル。

 

2.Dance Dance Dance

ベストアルバムにも収録。これ以前のミスチルの作品にはない作風の曲でした。ライブなどで盛り上がる曲だと思います。

 

3.ラヴコネクション

大人な曲という印象。当時の音楽番組でミスチルがこの曲を披露していましたが、歌い方がセクシー過ぎて子どもには刺激が強すぎた(笑)

 

4.innocent world

当時の超ヒット曲です。個人的には、1周まわってこの曲が1番好きかもしれません。シングル盤の小さいCDを借りてすり切れるほど聴いていました。

 

5. クラスメイト

安定の恋愛ソングです。同窓会で再会した男女のお話。問いかけてくるような歌詞で、勝手にドキドキしてしまいます(笑)

 

6. CROSS ROAD

この曲がじわじわヒットし始めて、ミスチルの人気に火が付いたと言われています。良い曲です。

 

7.ジェラシー

遺伝子レベルから「愛」について歌っている。これまた、過去作品には見られない作風

 

8.Asia(エイジア)

この曲はドラムのJENさん作曲です。初期の頃は、JENさんが作って歌っている曲がアルバムに収録されていたりしました。ちなみに、この曲のボーカルは桜井さんです。

この曲もこれまでの作風にはない曲でした。

 

9. Rain

インストゥルメンタル。

 

10. 雨のち晴れ

「ドラムのJENさんがサラリーマンだったら」という設定で製作された曲だそうです(笑)

元々JENさんが歌う予定でしたが、出来上がってみたら桜井さんが自分で歌いたくなっちゃって、結局桜井さんが歌うことになったそうです(笑)

好きな曲の1つです。

 

11.Round About~孤独の肖像~

曲調がかっこよくて好きですね。

 

12.Over

隠れた名曲と言われているこの曲。根強い人気があります。個人的にも好きな曲の1つです。

失恋ソングの定番です。

 

ミスチルの転換期となったアルバム

セールス的にも作風的にもミスチルの転換期となったアルバムだと思います。

 

このアルバムの大ヒットによって人気を不動のものにしたと思います。

 

『Atomic Heart』以前のアルバムは、恋愛ソングが主体で、「僕と君の世界」について歌っている印象が強いです。

『Atomic Heart』以降は、心の内側に秘めている感情であったり、社会風刺的なものだったりと、テーマの幅が広がっている印象です。

 

作風の転換期になっていたと思います。

 

初期の頃の桜井さんの声質は、声がまだ若い感じで甘い印象があります。

『Atomic Heart』の頃の声は、声が太くて伸びやかな印象です。

翌年の「シーソーゲーム」あたりから、歌い方を変えたりしてます。

どの年代の桜井さんも好きなんですが、強いて言うならば『Atomic Heart』の頃の桜井さんの声質が1番好きかも知れません。

 

『Atomic Heart』の思い出

実は、『Atomic Heart』の発売当時は、まだミスチルの存在を知りませんでした(汗)

ミスチルのことを知ったのは、発売から半年後くらいだったと思います。

ミスチルを知ってから最初に聴いていたアルバムがこの『Atomic Heart』です。

 

当時はまだ、小学生、中学生くらいだったので、アルバムを買えるほどのお金もなかったので、カセットに録音してそれを繰り返し聴いていました。それこそ、すり切れるくらい聴いていた思い入れの強いアルバムです。

 

当時仲の良かった友人たちは、ミスチルファンではありませんでしたが、わたしのミスチル話を暖かい眼差しで聞いてくれていました(笑)その頃の懐かしい思い出が蘇るアルバムでもあります。

 

「Over」の歌詞の解読に一緒に挑戦してくれたりしていました(笑)

 

リアル「Over」体験

「Over」のラストのサビが以下の歌詞になっています。

いつか街で偶然出会っても

今以上に綺麗になっていないで

たぶん僕は忘れてしまうだろう

その温もりを 愛しき人よ さよなら

 

曲とリンクするような体験はあまりないんですが、ここからは15年くらい前の思い出話です(笑)

 

若かりし頃、3年くらいお付き合いしていた人と相手の心変わりでお別れしたことがありました。失恋の定番ソングということで、その当時も「Over」にはお世話になりました(笑)

それから、全く連絡を取っていませんでしたが、1年以上たった頃、突然メールが来ました。

「○○イオンで見かけたけど、前より綺麗になったね」と。

 

なんだ、このリアルOverみたいな発言は!とちょっとびっくりした記憶がありました(汗)

 

いろいろ近況を聞かれ、会わないか?みたいなことも言われましたが、今更感でいっぱいでしたので、丁重にお断りしました(汗)

 

珍しく曲とリンクしたような出来事でしたので、記憶に残っています(汗)

 

さいごに

最初に述べましたが、名曲揃いなので5曲がベスト盤のほうに収録されています。

 

しかし、『Atomic Heart』の曲順で聴いていると、ミスチルファンになった頃の懐かしい気持ちや小学生、中学生時代のことを思い出します。

わたしにとっては、懐かしい気持ちを思い出させてくれるアルバムの1つです!

 

本日はここまで。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

こちらでミスチルの魅力について語っています↓↓

ミスチルファン歴25年がMr.Childrenの魅力を語ります!
どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます! 先日、職場の人に唐突に「2020年で50歳と聞いて驚く男性有名人ランキングに、ミスチルの桜井さんが2位でしたよ」と言われました(笑) そもそもミスチル...

コメント