大河ドラマ麒麟がくる第29回「摂津晴門の計略」のあらすじと感想

どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます!

2020年大河ドラマ麒麟がくる第29回「摂津晴門の計略」のあらすじと感想です。

今までなかなかスポットが当たらないところに、スポットを当ててきたなというのが、全体の印象です。

今回のポイントは、「腐った幕府」「帝」「福祉」という感じかと思います。

それでは、今回のあらすじと感想です!

スポンサーリンク
レンタルタグ大

大河ドラマ麒麟がくる第29回「摂津晴門の計略」のあらすじと感想

大河ドラマ麒麟がくる第29回「摂津晴門の計略」のあらすじ

織田信長(染谷将太さん)は、各地の寺社などから資材を召し上げ、急ピッチで二条城の建設を進めていた。

以前より、幕府内部と寺社は癒着をしており、資材を召し上げられた寺社らは、金銭を持って摂津晴門(片岡鶴太郎さん)のところへ訴えに来ていた。

一方、伊呂波太夫(尾野真千子さん)から呼び出された明智光秀(長谷川博己さん)は、京を追われていた近衛前久(本郷奏多さん)と対面する。

光秀は前久から、「今の幕府は己の利しか考えておらず、そんな幕府を変えられるのは信長だけだ」と告げられる。

大河ドラマ麒麟がくる第29回「摂津晴門の計略」の感想

福祉施策

「貧しい人たちの救済」というところで、駒ちゃんと義昭がつながるんですねー。

なるほどなー、という感じです。

義昭としては、政治的な駆け引きよりは、福祉施策を考える方が楽しいんだと思います。そういう意味で、義昭は駒ちゃんと関わりたいんでしょう。

駒ちゃんがスポンサーになりそうなのには、びっくりです。

今や、新薬の販売でもうかってますからね。笑

アメリカンドリームならぬ戦国ドリームの体現者です。

ちなみに、話にでてきた悲田院や施薬院は、奈良時代に最初に作られたと言われいます。

腐った幕府

信長は、自分は将軍じゃないから幕府のことは口出しできない、と言います。しかし、

信長に「幕府のことに口を出すべき」と助言する光秀。

史実では、足利義昭に口出ししまくったから、関係性が悪くなったとも言われています。

これが、光秀の助言だったと想像すると面白いです。笑

京編のヒール役を一手に引き受けている感のある摂津晴門。

片岡鶴太郎さんの怪演が良いですね。

光秀と晴門のやりとりも面白かったです。

あんな顔する光秀見たことない。

ゴミでもみるような目で、晴門をみてましたね。笑

2人して、挑発のしあい。笑

そーいえば、今作の光秀は意外とキレるタイプだったのを忘れてました。

晴門の「教えて差し上げたのじゃが」「じゃーが!!」

「じゃーが!!」はセリフなのかアドリブなのか、もの凄く気になる。

片岡鶴太郎さんと言えば、個人的には「太平記」の北条高時だなー。

帝、登場の伏線が張られていましたね。

信長と伊呂波太夫の両者から「帝」の話をされた光秀は、帝のことが気になりはじめています。

将軍が立派なお城を作ってもらって、帝はボロボロの御所。

これを目の当たりにした光秀は何を思うのでしょうか。

実際、この当時の朝廷は、天皇の即位の礼もできないくらい金欠だったようです。

これまでの戦国大河と異なり、正親町天皇の出番は結構あるかと思います。

信長と正親町天皇との関わりがどう描かれるのか、楽しみですね。

秀吉(藤吉郎)

信長の

「わしが調べろ、とい言うたら、犬の尻の穴まで調べてくる男だ」

このセリフ、すごく秀吉を言い表しているな、と思いました。

そんなイメージが強いです。

今のところ、秀吉は抜け目ないとこを見せつつ、光秀には悪い印象はないんだろうな、という感じですね。

この2人の関係性がどうなるかも楽しみです。

なんと言っても、光秀にとっては、最後に立ちはだかる男ですからね。

さいごに

腐った幕府を立て直すのは、摂津晴門というクセ者がいるので、なかなか難しそうですね。

そして、ついに朝倉義景との対決の時が近づいているようです。

本日はここまで。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

麒麟がくるの全話あらすじと感想、注目キャストはこちら!

スポンサーリンク
レンタルタグ大
レンタルタグ大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

↓海外ドラマ24の全てがここでわかる↓

 

↓大河ドラマ麒麟がくるの全話の感想と注目ポイントまとめ↓

 

↓織田信長の人物像から読み解く人間関係のまとめ↓