金ケ崎の戦い(退き口)明智光秀と松永久秀の知られざる功績とは?

どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます!

織田信長が朝倉氏との戦の中で浅井長政の裏切りに遭い、大ピンチに陥った「金ケ崎の戦い(退き口)」。

有名なのは木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)が、殿(しんがり)を申し出て信長を無事に退却させることに成功したエピソードです。

殿(しんがり)とは、本隊を無事に退却させるために最後尾に位置し、本隊からの支援が受けられない中、限られた戦力で敵の追撃を食い止める、という役割です。

最も危険な任務の1つとされていました。

実はこの金ケ崎の戦い(退き口)では、秀吉だけでなく、明智光秀や松永久秀も活躍していたことはあまり知られてはいないのかなという印象です。

戦国の有名人たちの総力戦で、織田信長を逃がした退却劇だったのです。

なお、木下藤吉郎については、以下「秀吉」で表現。

スポンサーリンク
レンタルタグ大

金ケ崎の戦い(退き口)明智光秀と松永久秀の知られざる功績について

簡単解説!金ケ崎の戦い(退き口)とは?

足利義昭が将軍になったとき、信長は越前の朝倉義景に挨拶にくるよう求めます。

しかし、義景はこの申し出を無視します。

そのため、信長は越前の朝倉氏を攻めます。

織田軍は有利に戦を進め、朝倉方の「金ケ崎城」を降伏させます。

その直後、信長と同盟を結んでいた浅井長政が裏切ったという知らせが届きます。

「朝倉氏を責めるときは相談する」という約束を信長が無視したため、浅井長政は同盟を破り信長軍を攻めてきたのでした。

朝倉軍と浅井軍にはさみうちにされた織田軍。信長は負けを覚悟し、わずかな手勢だけ連れ逃げ出します。

秀吉と明智光秀が殿として共闘し、信長は何とか逃げ延びることができたのでした。

明智光秀の功績

実は明智光秀も秀吉とともに殿(しんがり)を務めていました。

秀吉の印象が強くて、光秀はいたかな?という感じですが、共に戦っていたんです。

後の歴史を思うと、秀吉と光秀が協力して織田信長を守ろうとするのは何とも不思議な気持ちになります。

光秀も有能な武将だったと言われています。

秀吉だけでなく、光秀の尽力があったからこそ、無事に信長が退却できたのかもしれませんね。

実は光秀は、信長に仕える前は越前の朝倉家に仕えていました。

仕えていたのが過去の話とはいえ、昔の主君や同僚たちを相手に死闘を繰り広げなければならなくなったことは、光秀にとっては複雑な想いであったと思われます。

松永久秀の功績

実は、あの松永久秀も活躍していたようです。

信長は近江の豪族・朽木元綱の協力を得て、越前敦賀から無事に京まで逃げ延びることができたと言われています。その時の信長の手勢はわずか10人程度だったとも…。

朽木元綱は当初は信長を朝倉方に引き渡すつもりでいたと言われています。

そこで、活躍したのが松永久秀です。

何と言って朽木元綱を説得したかは、記録に残っていないようですが、松永久秀の説得により朽木元綱は考えを変え、一転信長に協力したと言われています。

松永久秀は弁の立つ武将であったようです。

「麒麟がくる」の吉田鋼太郎さんの松永久秀で脳内再生されています(笑)

朽木元綱を説得できなければ、信長はどうなっていたかわかりません。信長に何かあっては、秀吉や光秀がいくら頑張っても元も子もなくなってしまうわけです。

そう考えると1番の陰の功労者は松永久秀なのかなと思います。

まとめ

秀吉だけでなく、明智光秀や松永久秀も活躍した金ケ崎の戦い(退き口)。

にも関わらず、なぜ秀吉の秀吉の功績が目立っているのか…。

それは、後の「天下人」ということに尽きると思います。

明智光秀は本能寺の変の後、秀吉が信長の仇として討伐された人物です。

そのため、光秀の功績が秀吉より目立っては困るわけです。

秀吉が後の天下人となったことを考えると、秀吉の若き日の武勇伝として、秀吉の功績のみが大きく伝わっていったのではないでしょうか。

松永久秀は最終的には信長に謀反を起こし、自害しています。

歴史の勝者にはなれなかった人物です。

そのため、松永久秀の功績も大きく語られてこなかったのかもしれません。

歴史は勝者によって作られる、というのはよく言われています。

実は、勝者になれなかった人や名前も残っていない人たちも歴史を動かしていたんだな、ということを考えさせられました。

本日はここまで。最後まで、お読みいただきありがとうございます!

松永久秀は信長のお気にりだった!?についてはこちら↓↓

どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます! 松永久秀というとどんなイメージがありますか? 「主家、将軍...

スポンサーリンク
レンタルタグ大
レンタルタグ大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

↓海外ドラマ24の全てがここでわかる↓

 

↓大河ドラマ麒麟がくるの全話の感想と注目ポイントまとめ↓

 

↓織田信長の人物像から読み解く人間関係のまとめ↓