海外ドラマ24シーズン1各話あらすじと感想「第10話」ネタバレ有

どうもみやです、本日もお越しくださり、ありがとうございます!

海外ドラマ24シーズン1の「第10話」9:00~10:00のあらすじと感想です。

第9話8:00~9:00はのラストは、重大な情報を握っていると思われるジェイミーが自殺を図ってしまうという内容でした。果たしてジェイミーはどうなるのか?

スポンサーリンク
レンタルタグ大

海外ドラマ24シーズン1各話あらすじと感想「第10話」ネタバレ有

海外ドラマ24シーズン1「第10話」のあらすじ

舞台は大統領予備選の当日のロサンゼルス。午前9:00~10:00の出来事。

病院へと搬送されていくジェイミー・ファレル(アリーナ・カロヤグ)。

なんとかニーナ・マイヤーズ(サラ・クラーク)の用意した車に乗ったジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)。

周辺にはジャックの手配所が出回っていて、警察の包囲網をかいくぐる必要があった。

一方、テリー・バウアー(レスリー・ホープ)はCTUに電話。

ニーナはマイロ(エリック・バルフォー)に逆探知をさせる。

しかしアイラ・ゲインズ(マイケル・マッシー)の手下・イーライが携帯を探しに戻ってきてしまうもすぐに出て行った。

一方、暗殺が未遂で終わったデイビッド・パーマー(デニス・ヘイスバート)。

妻のシェリー(ペニー・ジョンソン・ジェラルド)は、「キースの件はもう公表する必要はない」と言い張る。

しかし、デイビッドは、「モーリーンは必ず放送するから、こちらから公表すべき」という考えは変わらず、夫婦の意見は対立したまま。

ジェイミーのメールを調べるトニー・アルメイダ(カルロス・バーナード)。

1通だけ「テッド・コフェル」という件名のメールが残っていた。

内容は暗号化されていたため、マイロに解読を依頼するトニー。

病院から連絡があり、「ジェイミーが亡くなった」と聞かされるトニー。

テリーと通話しながら走行中にパトカーに止められるジャック。

ジャックは近づいてくる警官を振り切って急発進。

車が多く止まっている駐車場に逃げ込み、車の下に隠れるジャック。

隠れながらもジャックは通話を続け、「必ず助けに行くから」とテリーを励ます。

しかし、再びイーライが戻ってきてしまう。慌てて携帯を隠すテリー。

この時、携帯のバッテリー切れを知らせる音が鳴り、イーライに携帯がみつかり、ジャックと話していたことが知られてしまう。

通話が終了したことにより、テリーたちの監禁場所の詳細な位置がつかめないまま、逆探知ができなくなってしまう。

何とか警察を目を盗んで、逃走するジャック。

ニーナとトニーは、「テッド・コフェル」の件をジャックに伝える。

テッド・コフェルは投資銀行の経営者であることが判明。

手がかりを見つけるため、ジャックはテッド・コフェルに会いに行くことに。

ドレーゼン(ジェリコ・イヴァネク)という男から電話を受けるゲインズ。

ドレーゼンはゲインズの雇い主。

パーマー暗殺失敗について責められるゲインズ。

このままだと、「コフェルに言って、口座を空にするぞ」と脅される。

追い込まれるゲインズ。

シェリーはこっそり、カール(ザック・グルニエ)に電話を入れる。

モーリーンが放送しない手立てを相談するが、カールは「キースの不利な証拠にはすでに手を打った」と言うのみ。

デイビッドの元へ最大の支援者から連絡が入る。

それは、他の支援者たちがカールに「キースのセラピストを始末するよう」指示したという内容であった。

カールをすぐに呼び出すようマイク・ノビック(ジュード・チコレッラ)に伝えるデイビッド。

一方、CTUではジャックの臨時代理として、本部からアルバータ・グリーン(タマラ・チュニー)がやってくる。

ジャックの居所をニーナが知っていると疑うアルバータ。ニーナはシラを切る。

ジャックはテッド・コフェルの会社に着くが、すでにコフェルは空港に行くため、車へ向かっているところであった。

ジャックは、テッド・コフェルの運転手になりすます。

一方、テリーは謎の腹痛に襲われていた。

海外ドラマ24シーズン1「第10話」の感想

デイビッド・パーマーは疲れる?

このデイビッド・パーマーは超高潔な人物で、信頼できる人だと思います。

国のリーダーとして素晴らしい人だと思います。

しかし…

これが自分の夫だとしたら、ちょっと嫌だなあと。笑

同じレベルの高潔さを求められたら辛い。

初見の時はただただ素晴らしい人、という感想でしたが、アラフォーになって見返すとそんな感想が出てきました。笑

アルバータ登場

はっきりしていて、キツそうな女上司アルバータの登場です。

ニーナの元部下らしいですが、今は立場が逆転してるからやりづらそう。

そもそも、ジャックを大っぴらに支援できなくなるので、今後の展開にも大きく影響していきます。

大っぴらにジャックの支援をできなくなるのは、24あるあるです。

「昨日から寝てない人も多いでしょうが、あくびも許しません!」

「納得できない人はこの場で辞めてください!」

とか、こんな人が上司だったら毎日泣くな…きっと…。

レアなジャック

テッド・コフェルの友人を装っているときのジャックはライトな感じで、こんなライトなジャックはかなり貴重かもしれません。笑

でも、コフェルの会社に着いたけど、コフェルと行き違いになってしまったときは、

凄みながら「どこ行った!?」と一瞬、素が出てしまいます。

いつもように威圧しそうになるところが個人的にはツボです。笑

ジャック、圧が出ちゃってるから抑えて、という感じですね。笑

さいごに

テッド・コフェルの運転手になりすましたジャック。

どうやって手がかりを見つけていくのでしょうか?

本日はここまで。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

海外ドラマ24シーズン1の全話あらすじと感想はこちら↓↓

海外ドラマ24の全シーズンのまとめ感想はこちら

海外ドラマ24が見られる動画配信サービスはこちら↓↓



スポンサーリンク
レンタルタグ大
レンタルタグ大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

↓海外ドラマ24の全てがここでわかる↓

 

↓大河ドラマ麒麟がくるの全話の感想と注目ポイントまとめ↓

 

↓織田信長の人物像から読み解く人間関係のまとめ↓