織田信長が本当に愛した女性は正室か側室か?濃姫との夫婦仲も考察!

どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます!

織田信長とその正室濃姫(帰蝶)。

歴代の大河ドラマなどでは、ラブラブな感じではないけれど、互いに認め合っているという描かれ方が多いような気がします。

そして、本能寺の変では濃姫(帰蝶)は信長と運命を共にするという描かれ方も多いです。

実際は、この2人の夫婦仲はどうだったのでしょうか?

2人の間に子どもはいたのでしょうか?

信長には側室がいたのでしょうか?

スポンサーリンク
レンタルタグ大

信長と濃姫(帰蝶)の夫婦仲は?信長が本当に愛した女性は誰?

史実の信長と濃姫(帰蝶)の夫婦仲

濃姫(帰蝶)は、信長の正室になったことはわかっていますが、信長との結婚後の記録がほとんどありません。

そのため、結婚後早いうちに死亡したか、離縁したかという説もあるくらいです。

没年すら定かではないのです。

夫婦仲を示すようなエピソードも残っていません。

2人の間に生まれた子どもはいなかったようです。

信長が本当に愛した女性は?

諸説ありますが、信長には側室が9人いたと言われています。

その中でも、信長が最も愛した女性といわれているのが「吉乃」という女性。

濃姫(帰蝶)とのエピソードはないにも関わらず、吉乃とのエピソードは残されています。

戦で夫を失い実家に戻っていた吉乃。たまたま出入りしていた若き日の信長に見初められます。信長は、足繁く吉乃のいる生駒屋敷に通ったと言われています。

一説には吉乃ほうが信長より年上であったと言われています。年上で結婚歴もあった吉乃。

信長にとって憧れのお姉さんだったのかもしれませんね。

吉乃は、信長の子を3人産んだと言われています。

嫡男となる長男・信忠、次男の信雄、徳姫です。

吉乃は、3人目の出産後の産後の肥立ちが悪く、寝込むようになります。

結局は29歳の若さ(諸説あります)で亡くなってしまいます。

この時の信長は、人目もはばからず号泣したと言われています。

なんとなくドライなイメージのある信長ですが、本当に愛していたんでしょうね。

信長と濃姫(帰蝶)の夫婦仲を考察

信長は母親がはっきりしていない子ども合わせると20人ほどの子をなしたと言われていますが、濃姫(帰蝶)との間には子どもがいませんでした。

仲が悪かったというよりは、子宝にめぐまれなかったのかなと思います。

吉乃が産んだ子どもの信忠を濃姫(帰蝶)の養子として迎え、嫡男として育てたと言われています。

信長が気持ちに面では、本当に好きだったのは吉乃かもしれません。

しかし、濃姫(帰蝶)については、正室として尊重して接していたのではないかと思います。

信長と濃姫(帰蝶)はいわゆるラブラブな夫婦ではなかったかもしれませんが、一定の距離感を保ちつつ、互いに認め合っていた夫婦仲だったのではないかなと思います。

さいごに

信長が愛した女性は側室の吉乃でした。

しかし、濃姫(帰蝶)との仲は不仲ではなく、正室として尊重されていた思います。

イメージとしては、大河ドラマで描かれているような、一定の距離感はありつつ互いに認め合ったていたという関係性が、案外近いのではなないかなと思いました。

本日はここまで。最後までお読みいただき、ありがとうございます!

【信長と濃姫についてはこちらもあります↓↓】

どうもみやです。本日もお越しくださりありがとうございます! 麒麟がくるでは、濃姫は重要な役どころとして描かれるようですね。ここ...
スポンサーリンク
レンタルタグ大
レンタルタグ大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

↓海外ドラマ24の全てがここでわかる↓

 

↓大河ドラマ麒麟がくるの全話の感想と注目ポイントまとめ↓

 

↓織田信長の人物像から読み解く人間関係のまとめ↓