織田信長と明智光秀の本当の仲は?秀吉よりも気に入られていた!

どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます!

ドラマや小説などでは、織田信長からパワハラを受けていたと描かれることが多い明智光秀。

怨恨説として、本能寺の変の有力な動機として長年、定説とされてきました。

一般的なイメージとしては、織田信長は「常識にとらわれない革命児」、明智光秀は「保守的な常識人」というイメージが強いのかなと思います。

そして、若い頃はやんちゃ系だった信長と真面目なタイプとして描かれる光秀は、ウマが合わないように描かれること多いです。

織田家の出世頭の1人「秀吉」は、明るくひょうきんな性格で、どこか憎めないような性格に描かれることが多いです。

光秀と比べると秀吉は信長から気に入られているように描かれることが多いのかなと思います。

歴史を紐解いていくと、実際は光秀のほうが秀吉よりも気に入られていたようなのです…。

スポンサーリンク
レンタルタグ大

織田信長と明智光秀の本当の仲は?秀吉よりも光秀のほうが気に入られていた!

信長による光秀へのパワハラ伝説

信長から数々のパワハラを受けていたとされる明智光秀。

言われている内容をいくつかあげてみると、

・信長の方針転換のせいで、相手方の人質になっていた光秀の母が処刑されてしまう。

・武田氏攻めの後、光秀が「自分も苦労した」的な発言をしたら、「お前が何をしたんだ!?」とみんなの前で信長にボコボコにされる。

・家康の接待役をとなった光秀だが、信長から魚が腐っていると言われ、再びボコボコにされ、接待役を解任される。

・みんなの前で、信長から「キンカン頭(ハゲ頭)」と言われ、大恥をかかされる。

・酒が飲めないにも関わらず、信長から刀を突きつけられ、無理矢理酒を飲まされる。

・自身の領地を信長に没収され、まだ平定もしていない毛利領を与えると言われる。

結構、ありますね(汗)

実際これが行われていたとすれば、信長はとんでもないパワハラ上司ですね(汗)

これらのエピソードは、江戸時代に書かれた書物に記されており、光秀が生きていた時代に書かれているものには、こういったエピソードがないことから、信憑性は低いとされているようです。

信長から厚い信頼を受け、秀吉よりも気に入られていた

わかっている歴史を紐解いていくと、実際は光秀は信長に信頼されていたことがわかります。おそらく、秀吉以上に。

光秀は信長から、京都やその周辺の支配を任されています。戦国時代の「天下」とは、京都やその周辺を指していたとも言われ、政治の中心地であり、最も重要な拠点です。

有能な秀吉や古くからの家臣柴田勝家など、他の家臣がいるにも関わらず、京の支配を任されたのは、中途で織田家に入ってきた光秀でした。

信長が光秀の能力を高く買い、信頼を置いていたことが伺えます。

そんな部下に対し、上述のようなパワハラを行うとは思えません。

時の天皇が観覧した馬揃え(軍事パレード)の仕切りという大役を任されたのも光秀でした。

戦にあたっては、信長へ緻密に戦況を報告した書状を送っていて、信長からその内容を絶賛されたともいわれています。

そして、信長はわずかな人数の家臣だけで本能寺に入りました。信長のこの行動から、光秀が信長に反旗を翻すことなど信長は夢にも思っていなかったのではないでしょうか。

日本史上最も出世した男「秀吉」と比べてみても、城持ちになったのが光秀のほうが早いです。

光秀が中心地である京を任せられたのに対し、秀吉は中国方面の地方司令官という立場でした。

現在で言うと、光秀は本社の重要な役職についており、秀吉は支店の支店長といった感じでしょうか。

こうみると、秀吉より光秀のほうが認められ信頼されていたのかなと思います。

パワハラ伝説が知られた発端は秀吉だった!?

秀吉は本能寺の変の後、家臣に光秀の討伐物語「惟任退治記」を書かせています。

秀吉は光秀を討った自身の立場を優位するため、光秀の謀反に大義があってはならなかったと思います。

あくまで個人的な恨みを晴らしたいがため、光秀は信長を襲い世間を混乱に陥れた人物、として書かれているようです。

本能寺の変の怨恨説の最初の発信は、実は秀吉だったのかもしれません。

光秀と同様、信長に仕え、信長という人物を肌で感じ、信長の方針もわかっていた秀吉。

そして、光秀という人物も実際に知っていた秀吉。

秀吉はもしかしたら、光秀の謀反の理由を知っていた、もしくは察しがついていたのではないかと思います。

しかし、もしそれが光秀の謀反を正当化する動機であれば、秀吉には都合が悪いのです。本当の動機は秀吉が歴史の闇に葬ってしまったのかもしれないなと思いました。

まとめ

明智光秀は非常に有能で、信長から最も信頼されていたのではないでしょうか。

ドラマや小説で描かれているような信長に虐げられていた関係性ではなかったと思います。

となると、これまで定説とされてきた本能寺の変の「怨恨説」も怪しくなってきます。

織田政権で順風満帆な出世をした明智光秀。

本能寺の変の前にその心に抱えていた想いはどんな想いだったのでしょうか?

本日はここまで。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

本能寺の変の真相は一体どの説?本能寺サミット2020の感想はこちら↓↓

あけまして、おめでとうございます!2020年もよろしくお願いいたします! どうもみやです。本日もお越しくださり、ありが...

スポンサーリンク
レンタルタグ大
レンタルタグ大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

↓海外ドラマ24の全てがここでわかる↓

 

↓大河ドラマ麒麟がくるの全話の感想と注目ポイントまとめ↓

 

↓織田信長の人物像から読み解く人間関係のまとめ↓