明智光秀の叔父・明智光安!光秀を守り散っていた壮絶な最期とは?

どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます!

明智光秀の叔父・明智光安。

2020年大河ドラマ麒麟がくるでは、西村まさ彦さんが演じています。

ちょっとお調子者な感じはありますが、光秀を見守る優しい叔父さんという印象が強いです。

斎藤道三や腹黒い土岐頼芸、心に闇を抱えた織田信長や竹千代(徳川家康)など、クセのある登場人物が多い中、全く毒気もなく、安心して見ていられる登場人物の1人でもあります。

個人的には、癒やしキャラの1人でもあります。

明智光安とはどのような人生を送ったのか?

その最期とはどのようなものだったのでしょうか?

スポンサーリンク
レンタルタグ大

明智光秀の叔父・明智光安!光秀を守り散っていった壮絶な最期とは?

明智光秀の後見になる

諸説ありますが、明智光秀の叔父・明智光安は、光秀の父・明智光綱の弟と言われています。

この光秀の父は、光秀がまだ幼い頃に亡くなります。

幼い光秀にまだ明智家をまとめていくことは困難でした。

そのため、光安が光秀の後見となり、光秀が大人になるまで、明智家をまとめていたと言われています。

長良川の戦いで不利な立場に!

斎藤道三(利政)と斎藤義龍(高政)の親子が争うことになった、長良川の戦い。

この戦いでは、明智光安や明智光秀は、斎藤道三側に味方したと言われています。

斎藤道三の正室・小見の方は、明智光安の妹と言われています。つまり、道三と光安は姻戚関係にあったんですね。

そのため、光安と道三は日頃から関係性が深かったと考えられます。そのため、光安が道三側に味方をするのは自然な流れだったと思います。

この斎藤道三と正室・小見の方の娘が帰蝶(濃姫)です。諸説ありますが、帰蝶と明智光秀はいとこ同士ということになります。

長良川の戦いの勝敗は、斎藤道三(利政)が討ち取られ、斎藤義龍(高政)が勝利を収めます。

 

このことにより、道三方に味方した明智家の立場は非常に悪くなります。

ついには、斎藤義龍(高政)が明智城に攻め込んできます。

明智光安の壮絶な最期

斎藤義龍(高政)に攻め込まれ、必死に防戦する明智勢。兵力は、斎藤義龍(高政)側が有利でした…。

必死に防戦しますが、勝ち目はありませんでした…。

明智城とともに自害を決意する明智勢。

しかし、そこで光安はある決断をしたと言われています。

明智家の再興に望みを賭け、光秀を脱出させることにしたのです。

その時に、光安の息子・明智秀満(左馬助)を光秀に託したと言われています

子の世代に明智家の再興を託し、光安自身は明智城と共に運命を共にし、自害して果てました。

光秀たちは、越前に逃げ、朝倉家に仕えることになります。

まとめ

光安が光秀らを脱出させていなければ、その後の光秀の活躍はありません。

光安は、明智家を存続させるため、跡取りである光秀を守っていくことを常に考え、行動をしていた人生だったのではないかなと思いました。

本日は、ここまで。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

長良川の戦い!斎藤義龍はなぜ斎藤道三に謀反を起こしたのか?↓↓

どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます。 2020年大河ドラマ麒麟がくるで、本木雅弘さんの怪演で注目されて...
スポンサーリンク
レンタルタグ大
レンタルタグ大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

↓海外ドラマ24の全てがここでわかる↓

 

↓大河ドラマ麒麟がくるの全話の感想と注目ポイントまとめ↓

 

↓織田信長の人物像から読み解く人間関係のまとめ↓