歴代大河ドラマの視聴率と感想 過去30年を振り返り 80年代編

どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます!

今回は歴代の大河ドラマについて振り返ってみたいと思います。

振り返ると、わたしの父が大河ドラマが好きで、わたしは物心つかないうちから、

日曜日の20時は、大河ドラマを視聴するという習慣が身についてしまいました(笑)

ちなみに父は第1作の「花の生涯」(1963年放送)から見ているそうで、

第1作が1番面白いと言っていました。

わたしは80年代生まれのため、そのレベルには到達できませんが、

気がつけば30年以上見ているなあ、と。

というわけで、かろうじて記憶の残っているおおよそ30年くらい前から、

歴代の大河ドラマを振り返ってみたいなと思いました。

振り返った中で、幼すぎて記憶がほとんどないもの、未視聴だったものもありましたので、

その点はご了承ください。

ではでは、わたしの記憶がかろうじて残っている1987年からスタートしたいと思います!

スポンサーリンク
レンタルタグ大

80年代大河ドラマの視聴率と感想

「独眼竜政宗」1987年放送 主演:渡辺謙 平均視聴率39.7%

伊達正宗を主人公にした大河ドラマです。歴代ナンバー1大河の呼び声が高いようです。

視聴率も歴代トップです。

放送当時はわたしは幼稚園くらいでした。かろうじて、オープニングだけ覚えています(笑)

実は、3年くらいまえにBSで再放送していたので、30年ぶりくらいに全話視聴しました。

面白かったです!ハマりました。皆さんが面白いと仰るのがよくわかります。

名場面として語られている、小田原参陣に政宗が遅れ、勝新太郎さん演じる秀吉と対面する

シーンの緊張感はすごかったです。勝さんは秀吉っぽくはないのですが、天下人オーラという

か、絶対的権力者の風格はさすがでした。

あの秀吉だと信長に頭を下げていたところは、想像ができません(笑)

主役だといい人路線に変更されることもあるんですが、野心むき出しこれぞ戦国武将

という感じの政宗良かったです!

「武田信玄」1988年放送 主演:中井貴一 平均視聴率 39.2%

題名通り、武田信玄が主人公の大河ドラマです。

この時もまだ幼稚園くらいのため、内容は全く覚えていません(涙)

番組締めくくりの「今宵はここまでに致しとうございます」のナレーションは

うっすら覚えているような。

こちらも昨年くらいに、BSで再放送していたので、視聴しようと思ったのですが、

何度も録画に失敗するというアクシデントに見舞われ、見れずじまいです…。

「春日局」1989年放送 主演:大原麗子 平均視聴率32.4%

徳川3代将軍家光の乳母・春日局を主人公にしたドラマです。脚本は、橋田壽賀子先生です。

家光が病気に倒れたとき、春日局は「薬を絶つ」ことを誓い、願掛けをするんです。

結局、家光は助かります。今度は春日局が病に倒れ、家光が何度も薬を薬を飲むよう

説得するんですが、春日局は絶対に飲まなかったという場面を今でも覚えています。

全体的に面白かった記憶があります!

まだ生まれていませんが…

「おんな太閤記」1981年放送 主演:佐久間良子 平均視聴率31.8

豊臣秀吉の妻・ねねが主人公の大河ドラマです。脚本は橋田壽賀子先生です。

わたしは当時はギリギリ生まれていないのですが、視聴済みでしたのであげさせていただきました。これも何年か前にたまたま再放送で見たんですよね。地元のケーブルテレビだったような…。

パッと見はホームドラマ感が強かったんですが、見ているうちに自然と引き込まれてしまいましたね。橋田先生マジックかもしれません。ちなみに秀吉は西田敏行さんでした。

ねねの視点から秀吉ファミリーを描いています。秀吉の姉・ともとか、妹の朝日とか他の大河ではそんなに深掘りされないところに、スポット当てていた印象です。

秀吉の出世により、身内の環境がどんどん変わり、翻弄されていく様子がよく描かれていました。

個人的には、秀吉は1,000年に1度レベルの天才だと思うのですが、それに着いてく周りの人たちというのは、相当大変だったのではないかと。そう思わせるドラマでした。

90年代編の記事はコチラです!

80年代編の記事はこちら 90年代大河ドラマの視聴率と感想 「翔ぶが如く」1990年放送 主演:西田敏行、鹿賀丈...

スポンサーリンク
レンタルタグ大
レンタルタグ大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

↓海外ドラマ24の全てがここでわかる↓

 

↓大河ドラマ麒麟がくるの全話の感想と注目ポイントまとめ↓

 

↓織田信長の人物像から読み解く人間関係のまとめ↓