往年の名作大河ドラマ太平記レビュー!第16回「隠岐配流」の感想

太平記
RonaldPlett / Pixabay

どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます!

 

往年の名作大河ドラマ「太平記」の第16回、「隠岐配流」の感想です。

 

後醍醐天皇(片岡孝夫さん)は、隠岐に流されることに。

その警護にあたったのが、佐々木判官(陣内智則さん)。

判官の数々の気遣いに、すっかり後醍醐天皇は佐々木判官を気に入ります。

一方、母・清子(藤村志保さん)、妻・登子(沢口靖子さん)から北条と対立しないようプレッシャーがかかっている高氏(真田広之さん)。

そんな中、新田義貞(根津甚八さん)と再会。互いに、反北条の想いを確認することになりました。

 

スポンサーリンク

往年の名作大河ドラマ太平記レビュー!第16回「隠岐配流」の感想

佐々木判官の思惑

言ってしまうと落ちぶれてしまった後醍醐天皇に、精一杯尽くそうとする佐々木判官。

何か見返りがないと動かなそうな人なので、謎です。汗

 

単純に、帝だから敬意を払っているのかな、とも思いました。

でも、以前の回で「北条の世も長くはない」みたいなことを言っていたので、先を見越して今から、後醍醐天皇に顔を売っている可能性が高そうです。

 

四方からのプレッシャー

亡き父・貞氏の葬儀が大々的に行えないことを謝罪に来た赤橋守時(勝野洋さん)。

それに対し、高氏の母・清子は、

 

「どこまでも北条殿と手を携えて暮らしてゆくこと、貞氏殿もそれを願っている」

「弔いなど取るに足らない」

と言います。

 

この時、高氏はめっちゃ目が泳いでいます。

高氏自身は概ね、北条を討つ方向に気持ちは進んでいますからね。

 

妻・登子さんは、

「もし、兄と殿が敵味方に別れて争うことになったらどうしよう」とウルウルし始めてしまいます。

 

高氏は、

「案ずるな。思い過ごしじゃ」

と言うのですが、感情が込もってなかったですね。笑

 

金沢禎顕(児玉清さん)からも

「お父上は生前、我慢強い将棋をなされた」

「何事も我慢じゃ(わかってるよな?)」

 

という感じで、四方からの「我慢して北条に従い続けよう」というプレッシャーがありましたね。

近しい人たちから、あれこれ言われると中途半端な決意では、揺らいじゃいますよね。

 

新田義貞との再会

亡き貞氏の葬儀は、小規模で執り行われます。そこで、新田義貞と再会します。

 

今回から、新田義貞の演者が、萩原健一さんから根津甚八さんに交代してます。当時、病気で降板されたらしいです。

 

第1回で、少年時代の高氏と義貞が出会った河原の近くにやってきます。

そこで、高氏は、「新田殿に言われた言葉にずっと張り合って生きてきた」と打ち明けます。

 

その言葉とは、

「北条は我らの土地を奪った者」

「足利はその北条と同じ汁を吸っている犬じゃ」

「われらは源氏。ゆめゆめ北条の犬に成り下がるでないぞ」

 

この新田義貞から言われた言葉は、高氏の北条に対するハングリー精神の原点だったと思います。

 

新田家は貧乏御家人になってしまっていて、「北条打倒の兵を挙げたくても、兵を集めることができない」と漏らします。

 

新田義貞には、すでに子どもの頃のような勢いはなく、高氏に対し、

「兵を挙げるおりは、加えてくだされ」

と頭を下げる状態です。

 

それを見た高氏は。

「新田殿が立たれるなら、こちらこそ従います。見殺しにはしません」

と言います。

 

この辺のセリフからしても、太平記の高氏は、人柄が良いなと思います。

 

この時に同席してた岩松さんっていう豪族に、後醍醐天皇の奪還を持ちかけられる高氏。

現時点では、「よきように」としか言えない、と高氏は、明確な意思は示しませんでした。

 

佐々木判官 VS 長崎円喜

楠木正成が復活し、鎌倉方に奪われた赤坂城を奪還するなど、動きを活発化させていました。

 

先帝(後醍醐天皇)が存命だから、いつまでも反幕府勢力の勢いが収まらないと考えた長崎円喜(フランキー堺さん)。

佐々木判官を呼び出します。

 

円喜の息子高資(西岡徳馬さん)が、

「後醍醐天皇は咎(とが)人なのに、至れり尽くせりもてなすとはどういうつもり!?」

と佐々木判官に問いただします。

 

いつもは口のうまさで世渡りをする佐々木判官ですが、さすがにこの時は、何も言えません。

 

そこで円喜は、

「隠岐の島は佐々木一族の所領と聞く」

「つまり、判官殿の離れの庭じゃ」

「判官殿の庭で何が起きても我らは感知いたさぬ」

「鎌倉に忠義を示す良き塩目ぞ」

と言います。

 

はっきり言葉にはしていませんが、円喜は佐々木判官に後醍醐天皇の殺害を命じています。後醍醐天皇に尽くしていたことが知られ、鎌倉幕府への忠義心が疑われています。

 

後醍醐天皇を殺害して、身の潔白を証明しろということかな、と思いました。

 

怖いですね。

この円喜も基本笑顔?ですが、ふっと真顔になったときはかなり怖いですね。

 

佐々木判官ピンチです!

 

追い詰められた判官は高氏を呼び出すというところで、今回は終わりました。

 

さいごに

今回も面白かったです。

 

あの佐々木判官が何も言えなくなるのは意外な感じでした。

 

次回は、「決断の時」ということで、高氏もいよいよ北条打倒を決断するのでしょうか。

 

佐々木判官は高氏に何を持ちかけるのか。

 

次回も楽しみです。

 

本日はここまで。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

太平記の全話感想はこちら↓↓

大河ドラマファンによる往年の名作大河「太平記」の全話感想!
どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます!2020年の4月より、BSプレミアムで日曜の朝6時から、「太平記」が再放送中です。本放送は、1991年でした。リアルタイムでも視聴してたんですが、子どもだったのと30年近...

コメント