「麒麟がくる」では秀吉はどう描かれる?歴代大河の秀吉から予想

どうもみやです。本日もお越しくださりありがとうございます。

さて、2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」では、明智光秀が主人公ですが、秀吉もバッチリ登場します。

2019年11月現在、秀吉は佐々木蔵之介さんが演じられると発表済みです。

秀吉好きとしては、秀吉が登場する大河ドラマでは、秀吉がどのように描かれるのか気になるところです。

また、歴代大河の秀吉を見ているとある傾向が見えてきましたので、その傾向を踏まえつつ麒麟がくるの秀吉像を予想してみたいと思います。

※未視聴大河の秀吉を語るのはなかなか困難なので、「わたしの好きなあの大河の秀吉が入ってな~い」というご意見もあるかもしれませんが、その点はご容赦ください。

スポンサーリンク
レンタルタグ大

歴代大河の秀吉と麒麟が来るの秀吉のキャラクター予想

歴代大河の秀吉たち

恐怖の秀吉

恐怖の秀吉と言えば、1987年放送「独眼竜政宗」で勝新太郎さんが演じた秀吉ですね。

圧倒的な存在感と迫力、絶対に逆らえない天下人というものを体現されていらっしゃいました。政宗の前に立ちはだかる壁としては巨大すぎましたね(笑)

小田原参陣での政宗と秀吉の初対面のシーンの緊張感は半端ではありませんでした。

その後、2人で用足しに行くんですが、秀吉は自分の脇差しを政宗に預けて余裕しゃくしゃくで用を足しているという…。この余裕ぶりが余計に怖い!!

もう政宗を全然相手にしていないかのような感じなんですね。この一件で政宗は秀吉には到底かなわないと思うという展開だったと記憶しています。

秀吉っぽさはないのかもしれませんが、わたしが見た中では圧倒的に怖かったですね。

この秀吉が信長に仕えていたのはとても想像できません(笑)

いい人そうに見えて、実は怖い秀吉

こちらは、2009年「天地人」で笹野高史さんが演じた秀吉、2016年「真田丸」小日向文世さんが演じた秀吉が当てはまるのかなと個人的には思います。

お2人とも、一見いい人そうに見えるけど、本質は恐ろしく、機嫌を損ねてはいけない天下人という感じが出ていたなと思います。

天地人の秀吉は、結構人の家臣をほしがっていましたよね。家臣を欲しがられた大名は迷惑でしかないですよね(笑) 下手に断ると後が怖いし、かといって有能な家臣を放出するわけにもいきませんからね(汗)

真田丸の秀吉は、陽気に振る舞っていますが、目が笑っていない!(笑)見てないようでめちゃくちゃ家臣を観察していたと思います。

現実世界ではこの手のタイプが1番怖いと思います。 たまにいますよ、こういう人(汗) 実際の秀吉は結構この秀吉に近いのかなーなんて思ったりしています。

人たらし秀吉

この秀吉は、1996年の「秀吉」と2014年「軍師官兵衛」で竹中直人さんが演じた秀吉だと思います。

なかなか、大河ドラマで同一人物を2回演じるのはそんなにないように記憶しています。

秀吉といえば竹中直人さんというイメージの方も多いんじゃないかと思います。個人的にもハマリ役だなと思っています。

特に前半の秀吉は陽気で明るくて、エネルギッシュでガハハと豪快に笑ったりしていて、まさに人たらしという感じです。

あの秀吉なら、ついて行きたくなる気持ちわかりますね。

前半からのギャップで天下人になった後は、「あの頃の秀吉はどこへ行ったの?」という感じで、秀吉自身が言いようのない正体不明の不安みたいなのに襲われているのかな、と深読みしながら見ていました。

イケメン!?秀吉

秀吉というと「猿」「禿げネズミ」など容姿については、散々な言われようで(汗) 実際、ルックスはあまりよくなかったんだと思います(汗)

しかし、歴代大河の中にまさかのイケメン秀吉がいました!(笑)

1992年「信長 KING OF ZIPANGU」で仲村トオルさんが演じられた秀吉です。

元気ハツラツ、爽やかで、信長愛に満ちあふれているそんな秀吉だったような記憶があります。「信長のこと大好きなんだね」というのが小学生だったわたしが1番思った感想です(笑)

ライバル秀吉

これは、2002年「利家とまつ~加賀百万石物語~」で香川照之さんが演じた秀吉です。

利家とは友人であり、ライバルとしても描かれていたと思います。

結構初期の段階からアクの強い感じの秀吉だなと思いましたが、この秀吉はこの秀吉で良いなと思っています。抜け目ないというかずる賢いというかそんな印象です。

余談ですが、香川さんって2010年の龍馬伝で岩崎弥太郎を演じていて、大河でいつも泥だらけになっているイメージが強いです(笑) しかし、2000年放送の「葵 徳川三代」では宇喜多秀家を演じられていて、そのときは貴公子ぽくてかっこよかった記憶があります。振り幅が凄いなと思ってます。

麒麟がくるでの秀吉は?

麒麟がくるでの秀吉は、ライバル秀吉になるんじゃないかなと思います。

明智光秀も秀吉も織田家の譜代の家臣でないという境遇も似ていますし、実際はこの2人は出世のデッドヒート繰り広げていたと思います。

本能寺の変後の山崎の戦いでは、この2人は天下をかけ争うわけなので、秀吉は光秀における最大のライバルと言ってもよいのではないかと思っています。

そういったあたりからも、麒麟がくるでの秀吉は、明智光秀のライバル的なポジションになるんじゃないかと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか?

明智光秀が織田家に仕官した後から、クライマックスまでおそらく秀吉は絡んでくるんではないかと思います。

秀吉は作品によって、ホワイト秀吉になったりブラック秀吉になったりするので、麒麟がくるでは、どっちよりの秀吉になるのかも楽しみです!

それでは、本日はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました!

秀吉に関する記事はこちら↓

どうもみやです。本日もお越しくださり、 ありがとうございます。 日本史史上もっとも出世した人物と言っても過言でない豊臣秀...

どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます! 「豊臣(羽柴)秀吉」と「明智光秀」。この2人は、織田家中で出世争...
スポンサーリンク
レンタルタグ大
レンタルタグ大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

↓海外ドラマ24の全てがここでわかる↓

 

↓大河ドラマ麒麟がくるの全話の感想と注目ポイントまとめ↓

 

↓織田信長の人物像から読み解く人間関係のまとめ↓