24JAPAN「第6話」あらすじと感想!原作とのストーリー比較付

どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます!

日本版24,24JAPANの第6話です。

24JAPANの感想記事は、何度も挫折しそうになりながら?続けています。

ストーリーを熟知してしまっているので…。

どうなるかがわかってしまっているので、あまり驚きもなく…。

本家24は、不思議と何度も見ちゃうんですけどね。

本家24シーズン1「第6話5:00~6:00」のストーリーチェックもできます!

原作との比較にお役立てください!

スポンサーリンク
レンタルタグ大

24JAPAN「第6話」あらすじと感想!原作とのストーリー比較付

24JAPAN「第6話」あらすじ

夕太(今井悠貴さん)の殺人疑惑について、自分以外の全員が隠蔽工作に関わっていたことを知り、打ちのめされる朝倉麗(仲間由紀恵さん)。

選挙参謀の長田孫六(綾田俊樹さん)に今後の対応を相談。

孫六から、対応次第で、チャンスに変えられるかもしれない、と伝えられる。

一方、病院で立花(木村多江さん)と合流した現馬(唐沢寿明さん)。

そこへ、神林(高橋和也さん)から、現馬のケータイへ電話が!

美有(桜田ひよりさん)を人質に取られていることがわかり、現馬は神林に逆らうことができない。

病院の監視カメラにも侵入されており、現馬の全ての行動が監視されていた。

寿々(柳美稀さん)の意識が戻ったとのことで、父親の箱崎(神尾祐さん)が面会に行く。

父親の顔を見た寿々から出た言葉は、「誰なの?」。

箱崎は寿々の父親ではなかったのだ。

偽箱崎は、寿々の口封じを図る。

「美有の居場所がわかった」と嘘をつき、偽箱崎は立花を外へ連れ出す。

CTUでは、正体不明の遺体の身元が判明。

水石(栗山千明さん)は、現馬と連絡がつかないため、立花に伝言を頼む。

「遺体の身元は会計士の箱崎要吾」

そう伝えるように、水石から伝言を託され、動揺する立花。

立花と一緒にいる男は何者なのか?

24JAPAN「第6話」感想

麗の夫

麗の夫が、息子の隠蔽工作に関与していたことが明らかになりました。

原作のシェリーよりは、見ていてイライラしませんね。

演じている筒井道隆さんが、わりと淡々とした感じのせいかと思います。

原作のシェリーは、役者さんと声優さんの名演の相乗効果で、めちゃくちゃイライラするキャラに仕上がってます。

ほんと、腹立ってきますよ。笑

でも、あれがだんだんクセになってくるので、日本版はやはり物足りないかも!?

新キャスト

この回から、新キャスト投入です。

まずは、選挙参謀の孫六さん。

こちらは、原作で言うところのマイク・ノビックですね。

原作よりも、おじいちゃん感がありました。

24は、主人公ジャックはじめ、ぶっ飛んだキャラ?が多いので、その中で、マイクは公平かつ常識人です。

なので、安心できるキャラで、好きなキャラの1人です。

日本版ではどういうキャラ設定になるのでしょうか。

あと、マイロですね。

日本版は、明らかに日本人っぽいかんじですが、名前はそのまま「マイロ」でしたね。笑

なんか日本版のマイロは嫌みな感じでしたね。

原作のマイロも私服にピアス、お菓子食べながら仕事、と緩い感じではありますが、素直な好青年なので、ちょっとあの感じは残念でした…。

神林さん

ついに、神林が現馬に接触という回。

日本版の神林さんは悪い感じが出てましたね。

原作では、ゲインズの役になるんですが、原作のほうが淡々と指示を出していて、怖い感じがあります。

原作のゲインズかなり渋いですので、渋いオジサン好きな方には、ぜひ1度見ていただきたい。笑

アメリカ版24シーズン1の「第6話5:00~6:00」のあらすじと感想はこちら!

さいごに

原作では、ここからさらに悪いことが…。汗

そして、ますます目が離せなくなっていきます。

はたして、日本版ではどうなっていくのか?

気力が続く限りは、本家ファンとして、日本版も見届けたいと思います。

本日はここまで。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

アメリカ版の24シーズン1の各話あらすじと感想はこちら!

アメリカ版の全てがここに!全シーズンのあらすじと感想はこちら!

スポンサーリンク
レンタルタグ大
レンタルタグ大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

↓海外ドラマ24の全てがここでわかる↓

 

↓大河ドラマ麒麟がくるの全話の感想と注目ポイントまとめ↓

 

↓織田信長の人物像から読み解く人間関係のまとめ↓