24JAPAN「第2話」あらすじと感想!原作とのストーリー比較付

どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます!

日本版24、24JAPANの第2話です。

世間の反応をみていると、厳しい意見も多いようです。

24の看板を背負ってしまうと、どうしても原作という比較対象があるので、かなり険しい道のりになるのかなと思います。

ということで、24JAPAN第2話のあらすじと感想です!

原作の24シーズン1「第2話1:00~2:00」のストーリーも一緒にチェックできます!

原作との比較にお役立てください!

スポンサーリンク
レンタルタグ大

24JAPAN「第2話」あらすじと感想!原作とのストーリー比較付!

24JAPAN「第2話」あらすじ

舞台は東京。日本初の女性総理大臣の誕生の期待が高まる総選挙当日。午前1:00~2:00。

飛行機が消息不明となった一方がCTUにも入り、捜査が始まる。

獅堂現馬(唐沢寿明さん)は、この飛行機事故の一件が朝倉麗(仲間由紀恵さん)の暗殺計画と関係があると考える。

本部長の郷中(村上弘明さん)は、三上というCTU職員と内密に会っていた。

郷中は、三上から朝倉麗の情報が詰まった「カードキー」を受け取る。

どの端末からこのカードキーに情報が入力されたかがわかれば、内通者を割り出すことができるという。

郷中が三上からカードキーを受け取った直後、何者かの発砲を受け、三上は死亡。

郷中もケガを負い、現馬に助けを求める。

一方、飛行機を爆破した氷川七々美(片瀬那奈さん)は、謎の男・神林(高橋和也さん)の元へ戻る。

カメラマンのIDカードを渡す予定だったが、後から別の女が持ってくる。

しかし、その女は、IDカードを渡そうとはしない。

一方、朝倉麗は、山城まどか(櫻井淳子さん)が電話してきた件を上州(でんでんさん)に相談するため、単身で誰にも告げずにホテルを抜け出す。

ちょうどその頃、麗の暗殺計画があるため、警護強化のためSPが到着したばかりであった。

一方、現馬は郷中と合流。しかし、郷中は瀕死の重傷を負い、逃げることが困難に…。

郷中は自身が撃たれる危険を顧みず、「カードキー」を現馬に投げた。

郷中はCTUの解析係の「明智(朝倉あきさん)は信用できる」と言い残し、息絶える。

現馬はCTUに戻る車の中で、明智に電話。

カードキーのデータを送信し、誰の端末から情報が引き出されたか、調べさせる。

明智からの報告は結果は、「水石伊月(栗山千明さん)」という衝撃的なものであった。

24JAPAN「第2話」感想

銃撃戦が…

唐沢さんと村上さんのお二人の銃撃戦は、思いのほか良かったと思います。

ベテランの演技で締めてくれたのではないでしょうか。

あのシーンは原作だと、暗闇のガラス張りのオフィスみたいなところで撃ち合っていました。

静寂の中で、ガラスが割れて散らばったりと、かなり手に汗握るシーンです。

第1話の感想でも書いたんですが、原作と比べるとどうも緊迫感が足りないという想いは、どうしてもあります。

その1つが、拳銃がなんか違う。

原作と比べると拳銃の発砲音や硝煙の出方が、違うんですよ。

拳銃や小道具に関して、素人なので、詳しいわけではないんですが、拳銃の迫力が原作と比べると劣るのかなと思いました。

南条さん

池内博之さん演じる南条さんが、怪しさ満載ですね。

表情とか、行動とか、この人が内通者なのではないかと思ってしまいます。

原作では、トニー・アルメイダの役になるんですが、トニーもかなり怪しく描かれていました。

他の登場人物のキャラが濃すぎるのもあって、原作のトニーは常識人というかまともな人という印象が強いです。そこが、トニーの良さでもあります。

他のキャラが原作と比べてどうしても存在感が薄くなってしまう中で、南条さんは原作よりもクセが強い感じがします。

今後に期待できそうなキャラの1人です。

仮面ライダービルドが…

現馬の娘を誘拐する男の1人・鮫島剛を演じているのが、犬飼貴丈さん。

犬飼さんは、2017年の「仮面ライダービルド」で主役を演じていました。

これまでの仮面ライダーシリーズで、うちの子どもが一番ハマってました。

犬飼さんが出ているドラマを見たのが、その仮面ライダー以来だったので、落差がでかい…。

正義のヒーローから、悪いチャラ男ですからね…。

そして、女の子の腕をしっかりへし折ってましたし。汗

原作では、鉄パイプで腕を殴るんですよね。怖

なかなかの衝撃シーンなので、日本版ではやらないかなとも思いましたが、そこはしっかり再現してきましたね。

絶対ありえませんが、鮫島剛はどこかで覚醒して仮面ライダービルドになって、テロリストをやっつけたりしないかな。笑笑

24JAPAN「第2話」原作との相違点

筒井道隆さん演じる朝倉遙平

朝倉家は性別が逆転していることやオリジナルキャラクターがいるので、見ていて新鮮さがありますね。

朝倉麗の夫の朝倉遙平(筒井道隆さん)は、温厚そうで優しそうで良い旦那さんという感じですね。

原作だと、シェリー・パーマーになるんですが、全然キャラが違う。

シェリーは口が達者で、相手を意のままに動かそうと「あなたのためよ」理論ですぐに言い負かそうとしてきますからね~。笑

でも、朝倉遙平も筒井道隆さんをキャスティングしているあたりから、ただの良い旦那では終わらなそうな気がします。

二面性がある役なのではないでしょうか。

アメリカ版24シーズン1「第2話」の詳しいストーリーはこちら!24JAPANとの比較に!

さいごに

第1話を見たときは、どうもリアリティが感じられないというか、違和感があったんですが、第2話の途中くらいから、見慣れてきました。

今回もセリフやストーリーはほとんど原作と同じでした。

本家からの制約もいろいろあると思うので、ストーリーは基本的に原作に踏襲していくように思います。

本日はここまで。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

アメリカ版24シーズン1の各話あらすじと感想はこちら!

アメリカ版24の全てがここに!全シーズンのあらすじと感想はこちら!

スポンサーリンク
レンタルタグ大
レンタルタグ大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

↓海外ドラマ24の全てがここでわかる↓

 

↓大河ドラマ麒麟がくるの全話の感想と注目ポイントまとめ↓

 

↓織田信長の人物像から読み解く人間関係のまとめ↓