朝倉義景の最期は家臣に裏切られ、織田信長にどくろの盃にされた!?

歴史上の人物
OpenClipart-Vectors / Pixabay

どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます!

 

戦国武将・朝倉義景。

織田信長が登場する大河ドラマなどには、浅井長政と一緒に登場することが多いです。

 

浅井長政の最期は、信長の妹・お市の方と3人の娘たちを逃がした後、自害して果てるというかたちで、大きく描かれることが多いです。

 

しかし、朝倉義景はというと、具体的にどのような最期だったのかは、あまり詳しく描かれないことが多いと思います。

 

ということで、今回は朝倉義景はどのような最期だったのかについて、迫ってみたいと思います。

そして、大河ドラマなのでは、信長の残虐性を示すエピソードとして、浅井長政がドクロの盃にされるシーンもよく登場します。

しかし、ドクロにされたのは浅井長政だけでなく、朝倉義景も一緒にドクロにされていました。

 

スポンサーリンク

朝倉義景の最期は家臣に裏切られ、織田信長にどくろの盃にされた!?

朝倉義景の最期

足利義昭を将軍に就けた織田信長は、朝倉義景に京に上洛するようにもとめますが、義景は拒否を続けます。

このため、信長は越前攻めに踏み切ります。

 

金ケ崎の戦いでは、浅井長政の寝返りにより、織田信長を退けることに成功します。

しかし、続いての姉川の戦いでは、朝倉・浅井軍は信長に惨敗。

 

そしえ、信長は浅井長政の居城に攻めかかります。朝倉義景は浅井長政を助けるため、援軍に向かいますが、結局大敗してしまいます。

 

朝倉義景は命からがら、居館のある一乗谷に戻りますが、この時、味方の兵は10人ほどしかいなかったと言われます。

 

信長が一乗谷にも攻め込んできたため、義景は各地を逃走します。

 

朝倉義景は、家臣でいとこでもある朝倉景鏡(あさくらかげあきら)の勧めで、賢松寺というところに避難します。

 

しかし、朝倉景鏡は、信長方に寝返り、朝倉義景を襲撃します。

家臣にも裏切られ、逃げ場を失った朝倉義景はここで、自害して果てました。

 

どくろにされた朝倉義景

朝倉義景の首は織田信長によりどくろにされ、浅井久政・長政父子とともに、箔農(はくだみ)を施され、信長の家臣たちに披露されたと言われています。

 

箔農(はくだみ)とは、漆塗りをして金粉をかけたものです。

 

さらに、お酒を飲む盃にされたという説があります。

 

 

しかし最近は、どくろに箔農の施しはしたけど、盃にはされていないのではないかという説が濃厚のようです。

 

「信長公記」には、どくろに箔農を施し、身近な家臣たちに披露したと書かれているようです。

盃にしたという記述は出てこないようです。

 

「浅井三代記」という資料に盃の話が出てくるようですが、この当時から100年後くらいに書かれたものらしく、信憑性は薄いようです。

 

朝倉義景のどくろを見て明智光秀は何を思ったのか

敵将のどくろを金ぴかにして、盃にして酒を飲むという逸話は、現代人の感覚からするとちょっと、考えられないですよね。

 

信長の残虐性を示すエピソードとして、信長の出てくる大河ドラマなのでは、必ずと言って良いほど描かれます。

 

「夫・浅井長政のどくろを目の当たりにするお市の方」の描写が多いかなと思います。

 

朝倉義景のどくろという観点からみると、複雑な思いを抱く人は、明智光秀かなと思います。

明智光秀は、信長に仕える前に朝倉義景に仕えていました。

そのため、朝倉義景のどくろを目の当たりにした光秀は、他の家臣たちとは違った複雑な想いを抱いたと思います。

 

ドラマによっては、信長が光秀に無理矢理、朝倉義景のどくろの盃で酒を飲ませるという描写もあるようです。

 

まとめ

朝倉義景の最期と金色のどくろにされた話についてでした。

 

朝倉義景の最期は、身内でもある家臣に裏切られてしまうというものでした。

味方の将兵たちがどんどん逃亡し、10人ほどしか残っていなかったと言われているので、もう再起は難しく、身内からも見切りを付けられてしまったのかもしれません。

 

そして、浅井父子とともに金色のどくろにされますが、盃にされたというは信憑性が薄いようです。

 

京以上に栄えたと言われる越前を治めていた朝倉義景。

しかし、その最期は、悲しい末路となってしまいました。

 

本日はここまで。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

時代が違えば朝倉義景は名君扱いされたかもしれません↓↓

朝倉義景はどんな人?簡単解説!時代が違えば名君だった!?
どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます! ここ一番の時決断ができず、優柔不断や無能とい...

コメント