大河ドラマ太平記レビュー!第33回「千寿王と不知哉丸」の感想

どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます!

往年の名作大河ドラマ太平記の第33回「千寿王と不知哉丸」の感想です。

石(柳葉敏郎さん)は、不知哉丸(いざやまる)を連れ、花夜叉一座に戻り、2人は再び一座で暮らすことに。

一方、信濃では、北条の残党を追ってきた足利勢と、越後から北条の残党を鎮圧に来た新田勢とでにらみ合いに…。

直義(高嶋政伸さん)は、今後の恩賞のことを考え、信濃を手中にすべきと進言。

しかし、尊氏は、直義が護良親王(堤大二郎さん)を処刑した上に、新田と争うことになっては、都中を敵にまわすことになることを懸念。

なにより、新田と争いたくない尊氏は直義と意見が対立する。

スポンサーリンク
レンタルタグ大

大河ドラマ太平記レビュー!第33回「千寿王と不知哉丸」の感想

やり直す

石は花夜叉に、

「わしが田畑にしがみつかなければ、藤夜叉も死ぬことはなかった」

「年貢を取る方も取られる方も辛い」

「田畑にも武士にも近づきたくない」

と言います。

石って、これまで事あるごとに「日野俊基の書き付けの話」を出してきて、自分の土地を手に入れるために必死で頑張ってきました。

「これだ!」と思って長年信じてきたものが崩れていくのって、耐えがたいと思います。

今回は、藤夜叉のことがあったからではありますが…。

思い切って方向転換できる石を見直しました。

それにしても、戻れるふるさとのような場所があるのって、素敵ですね。

躁鬱(そううつ)病

史実の足利尊氏は、気分の浮き沈みが激しかったと言われています。

躁鬱病の傾向があったのではないかと。

今日はそんな史実の尊氏を彷彿とさせるシーンがありました。

尊氏は、

①自分が勝手に鎌倉に出陣したせいで、公家が騒ぎ、そのせいで藤夜叉が死んだ。

②自分が護良親王を鎌倉に送ったから、護良親王は処刑されることになった。

③そもそも。自分が北条を滅ぼさなければ、武士たちが公家に土地を追われることもなかったた。

と、自分を責めまくります。

だいぶ飛躍しすぎじゃない!?と思いますが…笑

でも、次の瞬間、

「わしが全て引き受けるしかない!!」

急にやる気モードに。笑

確かに、感情の起伏激しいなー。

ずっと、右馬介が見守ってるんですが、内心どう思ってるのか気になる。

新田義貞

新田義貞の弟・脇屋新助が、義貞に、

「弓や刀が強いから天下を治められる時代は終わり」

「公家が足利憎しとなっている今、新田の力を伸ばすべき」

と話していました。

この弟、なかなかキレ者だったんですね。

今作の新田義貞は、不器用な正直者という印象。

それでいて、愛想が良いわけでもないので、政治家向きではない感じがします。汗

発言に裏表がないので、こういう人こそ信頼できそうなんですけどね。

ただ、新田義貞のシーンは、演じている根津さんの色気?が凄くて、あんまり話が入ってきません。笑

隠し子、発覚

ついに、登子さんに不知哉丸の存在がバレます…。

尊氏のところに、花夜叉一座が猿楽舞を披露しに来ていました。

そこに、不知哉丸が付いてきてしまいます。

不知哉丸と千寿王が鉢合わせするんですが、何かを感じ取って見つめ合う子役2人の演技が良いですね。

そして、登子さんは、居合わせた清子さんや直義のただならぬ雰囲気で何かを察します。

実は、10年前に尊氏は登子さんに打ち明けようとしているんですが、登子さんが「その必要はない」と制した経緯があります。

隠し子がいたこともそうなんですが、長年、自分だけが知らなかったということが、登子さんにとっては、相当ショックだったと思います。

不知哉丸が一生、足利家と関わりなく生きていくなら、わざわざ伝えて登子さんをモヤモヤさせることもないだろうし…。

ただ、いずれバレるんであれば、早く言った方が良かったんだろうな…。

尊氏は「引き取りたい」と登子さんに言います。

でも、登子さんは、「その子はお許しくださいませ」と逃げるようにいなくなります。

引き取るということは、登子さんが不知哉丸の母親になるということを意味するので、それは、気持ちの整理がつかなくて当然かと思いました。

尊氏や視聴者は藤夜叉のことをよく知っていますが、登子さんにとっては、どこの誰だかもわからない人ですからね~。

お公家様

鎌倉から戻った女性が、護良親王の最後を公家に伝えます。

そのことが、公家の会議の場で共有されます。

「女性が護良親王の首が落ちるのを見た」という発言を聞くだけで、

「おぇ、おぇ」と吐き気をもよおすお公家様

お公家さんってこんな感じなのか、となかなか衝撃シーン?でしたが。笑

太平記は基本シリアスな感じなので、その中であれだけ振り切った演技をしていただけると、見ている側も楽しいです。笑

演じられている藤木孝さん、良い俳優さんだったなー。

さいごに

護良親王の処刑が決め手となり、公家たちは「足利追討の綸旨」を後醍醐帝に出してもらおうとします。

しかし、楠木正成が、「尊氏から直接話を聞いてから、戦をしても遅くはない」と何とか、追討の綸旨は免れます。

尊氏の呼び出しのために、帝の勅使が鎌倉へ向かいますが、どうなるんのでしょうか?

本日はここまで。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

太平記の全話感想はこちら!

スポンサーリンク
レンタルタグ大
レンタルタグ大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

↓海外ドラマ24の全てがここでわかる↓

 

↓大河ドラマ麒麟がくるの全話の感想と注目ポイントまとめ↓

 

↓織田信長の人物像から読み解く人間関係のまとめ↓